抹茶バターケーキの茶の環

抹茶煎茶の美味しい入れ方

抹茶煎茶を美味しく召し上がっていただくために。
難しい作法はありません。
ただちょっと気に留めていただくと、美味しく入れられる「コツ」をご紹介します。
ポイントは、

1、お茶の葉の量 2、湯の量 3、湯の温度と浸出時間 にあります。

準備するもの

・抹茶煎茶

 

・急須

 

・茶碗(湯飲み)・・・

ここでは小振りな煎茶用の茶碗を使いました。容量は60ccくらい。
白磁のものがお茶の鮮やかな水色を楽しめるのでおすすめです。

・お湯・・・・・・・・・・

水を一度沸騰させたものを使います。


水は吟味しよう・・・

お茶は軟水が合います。硬度が高いと味が淡白になり、
香りも薄く、浸出液は白く濁ります。
(日本の水道水はほとんど軟水ですが、ミネラルウォーターを買う場合は要注意)
水道水はカルキ臭を抜くことが湯沸しのポイントです。
湯沸しの際に、沸騰し始めたら、ヤカンの蓋を少しずらし、
沸騰状態を3~5分間続けるとほぼカルキ臭は抜けます。
湯温が低い温度で入れるお茶も一度沸騰したお湯を湯冷ましして使うことが大切です。

 

1、茶葉の量をはかります

人数 茶葉の量
1~4 約5~6g (ティースプーン山もり約1杯)
5~7 約10~12g

 

3人分(茶碗3杯)入れる場合を想定してやってみましょう。
3人分の抹茶煎茶、適量はティースプーンで山盛り1杯、このぐらいです。

★より濃い味を楽しむには茶葉をもっと多目に使用すると香りと味の濃さをより楽しむことが出来ます。

 

 


2、お湯の量を決めます

人数分の茶碗にそれぞれ8分目までお湯を注ぎ湯量を決めます。
(湯さましと、茶碗をあたためる効果が兼用されます)。

茶葉が吸収してしまうお湯のことを考えて、茶碗8分目くらいまでたっぷりお湯を注ぎます。

 

 


一煎目はやや低めの温度でさっと、二煎目、三煎目と、お湯の温度を少しずつあげていきます。

  湯温 湯さまし回数 抽出時間
一煎目 約70℃ 2回 約15秒~22秒
二煎目 約80℃ 1回 約20秒~30秒
三煎目 約90℃ ポットから直接 約20秒~30秒

 

★お湯の温度の目安・・・適温にする方法

「一度湯のみに注ぐ(移し替える)ごとに約10℃下がる」この目安を覚えておくと便利です。
例えば、90℃保温のポットから,湯のみにそそぐと約80℃になります。
一煎目の適温は約70℃ですので、もう一度他の湯のみにうつしかえると適温になる計算です。





茶の環 日本茶インストラクター・竹内氏の茶飲み話

湯の温度・・・

おいしいお茶とは何でしょう。おいしさを決めるのは、香りと味です。
香りは温度の高いお湯で入れるほど強く出ます。
(玄米茶やほうじ茶は香りが重視されますので高い温度で入れます)
一方、味を決めるのには、二つの成分が関与します。
一つはカテキンです。一般にはタンニンと呼ばれ、苦渋味を感じさせる成分です。
カテキンはお湯の温度が80℃以上でよく溶け出します。
ですから、熱いお湯で入れたお茶は苦渋味が増し、温度が低くなるにつれて溶け出す量は少なく
なりますから、苦渋味は少なくなります。もう一つの成分は、旨味や甘味を感じさせるアミノ酸
類です。このアミノ酸類は、90℃のお湯でも60℃のお湯でも同じ位の溶け出し方をして、あまり
お湯の温度変化に影響されません。この二つの成分のバランスを湯温でコントロールすることが
出来ます。

湯のみに均一に注ぎ分けて、最後の一滴まで注ぎ切ってください。

茶の環 日本茶インストラクター・竹内氏の茶飲み話

茶碗に注ぎ分ける場合、各茶碗の煎液の濃さと、湯茶の量が同じになるように注ぎ分けることが大切です。そのためには、各茶碗に少しずつ、数回に分けて注ぎ分けます。これを「廻し注ぎ」といい、茶碗3客の場合、1,2,3と注いだら3,2,1と戻り、これを繰り返すように注ぎ切ります。
そして急須に湯が残っていると、二煎目を入れるまでに浸出してしまうので、最後の一滴まで出し切ることが大切です。

二煎目を美味しく入れるコツ

一煎目を入れたあと、急須の中の茶葉はこのように片寄っています。

この片寄りをほぐしてあげましょう。
急須の注ぎ口とは反対側を、手のひらでやさしくトンとたたきます。

片寄りがなくなり、茶葉がほぐれました。

 

ここにお湯を注ぐことで、均一にお茶が出て、三煎目までおいしくいただけるのです。

  味わい
一煎目 鮮やかな水色と、抹茶の旨み甘みをお楽しみください。
二煎目 水色の良さと、旨みと苦みの調和をお楽しみください。
三煎目 煎茶本来のほのかな香り、苦み旨みをお楽しみください。

 

★より抹茶味を長く楽しむ方法

一煎目の浸出時間を約5秒短めにお入れ頂くと、抹茶の水色・味を二・三煎目までお楽しみ頂けます。

 

最後に、大切なコツ!!

細かい温度や時間の話しをしました。
こうして温度や時間でお茶の味が変わるということを理解していただきつつも、
大切なのは、自分なりの「おいしいお茶」を見つけること。
濃いのがお好きな方、さっと入れたのがお好きな方、様々です。
本や説明書通りにしなくても、色々と入れてみて、
自分にあったお茶の入れ方を見つけることが、おいしいお茶を入れるコツだと思います。

「あなた流」で美味しく入れた抹茶煎茶を、ゆっくりとお愉しみください。

茶の環 日本茶インストラクター・竹内氏の茶飲み話

会議だ!法事だ!大人数分のお茶の入れ方のコツ

大勢の人(例えば10人以上)に同時にお茶を出す場合には、大きい急須(土瓶)とその半分ぐらいの急須を使うと便利です。まず小さい急須に適量の(3,4人前)茶葉を入れお湯を注ぎ、茶葉を入れてない大きな急須(土瓶)に注ぎ入れます。引き続き二煎目を入れ、大きな急須に。
これを繰り返すと大きな急須には一、二、三煎が混ざった均質なお茶がいっぱいになります。
これを茶碗に注ぐと均一な濃さと温度のお茶が大量に素早く用意できます。

お問い合わせプライバシーポリシー会社情報