世界を知る気鋭の パティシエ花口庄太郎​

広島市内から車で20分ほどの閑静な住宅街にある「パティスリーイマージュ」。

 

フレッシュで純粋な素材で創り上げられるケーキの美味しさには定評のある有名店です。

 

店名の「イマージュ」には二つの意味があるのだそうです。

「お客様に、お菓子を通して楽しいことをイメージしてもらうこと。そして、私自身がイメージしたお菓子を創ること」

 

イメージ通りのお菓子を創る歓び。その歓びは確かな技術によって支えられているのです。

 

調理師専門学校を卒業し、最初はホテルに勤めたものの、ある時、知人の勧めで神戸の有名洋菓子店に入店。

 

徐々にケーキづくりの面白さに目覚めていきました。

 

それから13年間、その店の新商品開発を担当し、数々の新作を世に送り出していきます。

1997年、国内コンクールで優勝したことを契機に、自分の店を持つことを決意。

 

ちょうどその頃、洋菓子のワールドカップと言われる「クープ・ド・モンド」の国内予選に見事通過。

 

世界大会への出場が決まり、そのとき一緒に世界を目指したのが、「モンサンクレール」のオーナーシェフ・辻口博啓氏。気鋭のオールジャパンチームです。

 

「自分の限界まで挑戦した」その結果、個人2位、団体戦総合3位という素晴らしい結果を勝ち取りました。

 

そのような世界を舞台に活躍する花口シェフにしか創れない、最高の抹茶スイーツを創っていただきたい、と茶の環は最高の抹茶を託しました。

広島市内から車で20分ほどの閑静な住宅街にある「パティスリーイマージュ」。

 

フレッシュで純粋な素材で創り上げられるケーキの美味しさには定評のある有名店です。

 

店名の「イマージュ」には二つの意味があるのだそうです。

「お客様に、お菓子を通して楽しいことをイメージしてもらうこと。そして、私自身がイメージしたお菓子を創ること」

 

イメージ通りのお菓子を創る歓び。その歓びは確かな技術によって支えられているのです。

 

調理師専門学校を卒業し、最初はホテルに勤めたものの、ある時、知人の勧めで神戸の有名洋菓子店に入店。

 

徐々にケーキづくりの面白さに目覚めていきました。

 

それから13年間、その店の新商品開発を担当し、数々の新作を世に送り出していきます。

1997年、国内コンクールで優勝したことを契機に、自分の店を持つことを決意。

 

ちょうどその頃、洋菓子のワールドカップと言われる「クープ・ド・モンド」の国内予選に見事通過。

 

世界大会への出場が決まり、そのとき一緒に世界を目指したのが、「モンサンクレール」のオーナーシェフ・辻口博啓氏。気鋭のオールジャパンチームです。

 

「自分の限界まで挑戦した」その結果、個人2位、団体戦総合3位という素晴らしい結果を勝ち取りました。

 

そのような世界を舞台に活躍する花口シェフにしか創れない、最高の抹茶スイーツを創っていただきたい、と茶の環は最高の抹茶を託しました